糖尿病の症状を理解しましょう|知らなきゃ損する治療法

病棟

初期には何も無い

医者

恐ろしいのは合併症

糖尿病は初期症状がありません。現在糖尿病と診断されている人は、健診などで血糖値の異常を指摘されて治療を始めたというのがほとんどでしょう。初期の糖尿病には食事療法と運動療法が指導されます。インスリンの働きを助けることと肥満を抑えて血糖値をコントロールするためです。しかし、自覚症状が無いためにこれらのことを守れない人が少なくありません。そのため血糖コントロールがうまくいかず、全身にさまざまな合併症が起きるようになります。糖尿病で恐ろしいのは実はこの合併症の方です。糖尿病はインスリンが十分働かないために血糖値が高い状態が続くようになる病気です。血中の糖が常に高い状態が続くと、血管が痛めつけられそれがさまざまな症状となってあらわれるようになります。

血糖コントロールが大事

糖尿病の合併症として代表的なものが糖尿病性網膜症です。網膜には毛細血管が多数走っていますが、高血糖を放置しているとこの血管が何度も小さな出血を繰り返して徐々に視野が狭くなり、最終的には失明に至ります。もうひとつの代表は、糖尿病性腎症です。腎臓は細かな血管が集まりそこで血中から老廃物をこしとって排泄する役割を果たしています。高血糖が続いてこの血管が障害されると、たんぱく尿の症状が現われ始め、しだいに腎臓の機能が冒されて最終的には腎不全となり、人工透析を受けなければならなくなります。さらに糖尿病性神経障害も起こります。足などの感覚が鈍感になり、少し傷があっても気づかず、そこから細菌感染を起こして壊疽となり、足を切断しなければならなくなったりすることもあります。糖尿病は全身の血管と神経を冒す疾病でありながら初期症状がないのが最も恐ろしい点です。しかし、きちんと治療して血糖コントロールがうまくいっていれば、通常の人と変わらない生活を送ることができます。