糖尿病の症状を理解しましょう|知らなきゃ損する治療法

病棟

血糖値の影響を学ぶ

女性

高血糖から昏睡します

糖尿病の症状は、血糖値が上昇することによって起こるものが多く、その中でも非常に危険なものにケトン性昏睡と高浸透高血糖症候群があります。共に意識が消失し昏睡状態になるため、死に至る可能性のあるものです。ケトン性昏睡は、高血糖が続き体が糖を分解できないときに、糖の代わりとして脂質やタンパク質を分解することによって起こります。分解時に出るケトン体は酸性の物質で、血液を酸性に変えてしまいます。この酸性度の変化によって脳が機能低下を起こし、意識消失に至ります。高浸透高血糖症候群は、高血糖による浸透圧の変化によって起こります。高血糖になると血液の浸透圧が上昇し、脳の水分が血液中に移動します。その結果、脳が脱水症状を起こし意識障害に至ります。どちらの症状も高血糖が原因の症状です。よって血糖のコントロールができていれば、このような症状は発症しません。

低血糖はなぜ起こるのか

糖尿病の治療には、食事療法や運動療法などがありますが、高浸透高血糖昏睡などの高血糖症状が出現する場合には、インスリン療法が治療に加わってきます。インスリンとは、人間が糖質を肝臓や筋肉で使う手助けをするホルモンで膵臓で作られています。糖尿病では、このインスリンの作用が弱まることによって高血糖という問題が出現します。インスリン療法は、適正量を使うことが大切で、使いすぎてしまうと低血糖症状が起こってしまいます。この症状は、糖尿病患者がインスリンの量を間違って使ってしまい、亡くなる事故が発生する原因となります。そのためインスリン療法はどんな患者にも適用されるものではなく、インスリンの管理がしっかりできる患者にのみ処方されることが多い薬です。